銀行は、お金を貸すことが主な事業でしたが、近年経済が、不景気となり倒産も相次ぎ、金融関係はリスクを負うよりは為替業務などの手数料に重点を置くようになっています。

銀行ってどうやって儲けてるの?

銀行の業務とはどういうもので、どのように収入を得ているのでしょうか。
顧客が預けた貯金はどのように使われているのでしょうか?

 

 

 

銀行の業務とは

 

銀行が行う主な仕事は、預金者のお金を預かり、その集めたお金をたとえば事業主が資金が必要な時に貸し出すという仕事です。

 

①預金

 

預金業務は、預金者の資産を管理、保管する仕事です。
その預金には、普通口座や、定期預金などの種類があります。

 

②貸付

 

貸付業務は、企業や個人に資金を貸し出す業務です。

 

 

銀行

資金が必要な事業主は、そのお金で仕事の拡大などをし設けの拡大から、借りたお金を返すとともに、借りたお金の利子を支払います。

 

このやり取りを行うのが銀行です。

 

たとえば、大きな本社ビルが建てるには、多額の資金が要りますが、銀行に頼めば、一人ひとりにお願いして資金を借りて回る必要がありません。

 

また銀行は、担保の価値などの判断等、専門的な知識を使い、もしも返済できない時のリスクというものもないようにする、いわばスペシャリストでもあります。

 

 

 

この様にお金を貸すことが主な事業でしたが、近年経済が、不景気となり倒産も相次ぎ金融関係も、あまり、リスクを負う事よりは、為替業務などの手数料に重点を置くようになっています。
そのために闇金に手を出してしまったという人も中にはいるようです。
闇金相談をお考えの方はこちら

 

 

 

為替業務とは

 

為替業務とは、現金のやり取りを行うことがなく、資金の決済を済ませることです。

 

たとえば顧客の銀行口座から、電気、ガス、水道代などの公共料金の口座振替や、自動引き落としなどです。

 

銀行がこういったサービスをしてくれるおかげで、多くの業務がスムーズになります。

 

また、買い物をしたり、送金する場合の振込業務も銀行の大切な収入源です。

 

振込には、手数料がかり、これらのサービス業務にかかる手数料が多くあり、銀行の大切な収入源となっています。

 

 

 

外国為替業務

 

貿易業務を行う場合など、銀行の外国為替業務のお世話になることとなります。

 

輸入相手への取引にかかわる信用状などの業務です。

 

それ以外にも、海外旅行などで必要な、外貨の両替も銀行の大切な仕事です。

 

また海外への送金、海外からの送金されたお金の受け取りなども銀行が行う業務です。

 

外国為替業務は、それぞれ手数料がかかり、銀行の大切な収入源となっています。

 

 

 

投資信託の業務

 

投資信託の業務は、顧客から預かったお金を集め、資金運用の専門家が、国内外の株式、債券などに投資を行い、その収益を還元する仕事です。

 

預金とは、違い預けたお金に対して、収益を得て金額が増えるため、収入扱いとなります。

 

この投資信託には、いろいろと手数料がかかり運用事手数料,換金する際にも手数料がかかり、銀行の収入となっています。

 

 

 

銀行のサービスの向上

 

銀行を利用することで、いろいろな支払いなどが簡単になりますがかつては銀行に赴き、窓口行っていた業務のほとんどが現在では、ATMで行えるようになりました。

 

顧客のニーズに合わせて、ATMの設置も銀行の支店や、ATMのみ置かれている小さなところ、コンビニエンスストアーなどにも設置され銀行の営業時間外にも利用できるところが各所に増えています。

 

出金の際に、時間外では手数料がかかります。

銀行の手数料について

 

銀行側は大幅な人員削減が可能になり、経費の節減となり顧客は、いつでも利用できるという利点があります。

 

 

銀行のサービスには、証券仲介サービスもあり、銀行を通して株の購入も可能です。
またキャッシュカードには、クレジットカードの機能を一体化したものもありその種類も様々です。

 

 

どれだけ充実したサービスが提供されているかが、メインバンク選びの指標となっています。

 

 

 

ネットバンキング。

 

サービスの向上の一つに、ネットバンキングがあります。

 

都市銀行などの口座の残高照会なども、自宅でインターネットを使い、コンピューターから確認できるようになっています。

 

土日、夜間早朝いつでも、利用でき、わざわざ銀行や、ATMに出向くことなく利用でき、振り込みなども可能で、とても便利なシステムです。

 

ネットバンキング専門の銀行などは、人件費の大幅削減も可能で、そのことから、手数料も安く顧客側、銀行側双方に良いのですが、パスワードの流出などでの被害の問題も出ています。

 

ネットバンキングの詳細はこちら